工業エンジニアとは

工業を支えるエンジニア

工業エンジニアの仕事内容

人が生活するために必要な、製品や設備を生み出すものづくり系の仕事には、エンジニアと呼ばれる技術者の存在が不可欠です。その分野には農林水産業やコンピューター関連などもありますが、圧倒的に多いのが工業分野になります。例えば自動車や住環境の設備や建設業などで必要な多くの製品は、技術者によって研究開発を繰り返し、現在のような便利で優れたシステムになり、多くの人が直接あるいは間接的に恩恵を受けています。また開発だけでなく、工業製品を効率良く使用するにはメンテナンスや修理が必要ですが、そうしたケアを行うのもエンジニアの重要な役目です。

工業分野のエンジニアの役割

ものづくり系の職業の中でも、専門知識や技術、経験が鍵となる職種にエンジニアの仕事が挙げられます。日本語にすると技術者という言葉が当てられますが、工業分野ではなくてはならない存在です。仕事内容は多岐にわたりますが、その中でも生活に関わりのある電子機器などの製品の研究開発は、私たちの毎日の生活の質の向上に大きく貢献しています。また製品の開発の他にも、住環境の工業設備の場合などは維持管理などにも専門知識が必要です。この点でもエンジニアと呼ばれる人たちの働きは大きく、快適な生活を送るための助けとなっています。

↑PAGE TOP

Copyright © 工業を支えるエンジニア All rights reserved